不動産会社さん必見!生活情報紙「パルともだより」のご紹介。

不動産業・建築業専門セールスコピーライターの尾畠悠樹です。

不動産の最新動向や業界の知識を学ぶために「月刊不動産流通」という雑誌を定期購読しています。2017年9月号に不動産会社さんにとってとても参考になる記事がありましたのでご紹介します。

それは、千葉県船橋市の有限会社パルホームサービス(http://palhomeservice.jp/)さんの取り組みについてです。(どうしてもブログでご紹介したかったので、同社取締役の岩井勇大様にお願いして掲載の許可を頂きました。岩井様本当にありがとうございます!)

近隣に住む高齢者のサポートを行う「高齢者見守り隊」

どんな取り組みかというと、「高齢者見守り隊」という取り組みです。

パルホームサービスさんの店舗がある「北習志野」駅周辺では、住民の高齢化が進んでおり、近隣の団地では孤立死も多発していたそうです。

そこで、同社は近隣に住む高齢者の方のちょっとしたお困りごとを解決するために、「高齢者見守り隊」を始められました。

同社岩井取締役が「月刊不動産流通(2017年9月号)」で想いを語られています。

まちの小さな不動産会社の強みは、地域と深くつながりを持てること。見守り隊の取り組みを通じて、これからも地域の高齢者の強い味方であり続けたいと思っています。

具体的には「高齢者見守り隊」では、電球交換やゴミ捨てといった些細なことから、設備の修繕や外構工事などの専門的な依頼まで様々だそうです。そして、専門的な依頼については、地元の職人さんと依頼しているそうです。

現在では、月に5〜6件相談があり、見守り隊を利用した高齢者から他の高齢者をご紹介されるなど少しずつ波及効果が生まれてきているようです。

月刊の生活情報紙「パルともだより」を配布

「高齢者見守り隊」という取り組みも素晴らしいのですが、セールスコピーライターとして僕がご紹介したかったのは「パルともだより」です。同社は2008年10月から近隣住民や団地居住者などに「パルともだより」という生活情報紙を毎月2000部発行されています。

「パルともだより」2017年8月号表面

「パルともだより」2017年8月号裏面

僕はセールスコピーライターなので、どうしてもマーケティング的にみてしまいます。マーケティング用語でいうとところの「ニュースレター」ですね。この「パルともだより」はニュースレターとしてもとても秀逸ですよ。

「パルともだより」がすごい3つの理由をご紹介します。

「ビジネスコンテンツ」と「お役立ちコンテンツ」のバランスが素晴らしい

「パルともだより」はA3両面のニュースレターです。コンテンツとしては、表面に「高齢者見守り隊」の記事を中心としたビジネスコンテンツが書かれています。しかも、本業の不動産ビジネスではなく生活者のお困りごと解決に関してのサービスを紹介されています。さらに、「今月のご相談」コーナーで事例もしっかり掲載されています。

そして、裏面にはビジネスコンテンツはほとんどありません。あえていうなら社員さんの歓迎会の話くらいです。それ以外は、生活者を意識したお役立ちコンテンツです。

ニュースレターにはビジネスコンテンツを全体の半分以下にすることをオススメしています。ですので、「パルともだより」の記事バランスは最高だと思います。これが、しっかり継続して読んでもらえている一因なのではないでしょうか。

手書きへのこだわりが素晴らしい

実物をみていただくとわかると思いますが、「手書き」感や「イラスト」が多用されています。ですので、とても人間味を感じますし、親近感を覚えます。

毎号掲載項目も変わっているようです。そして、タイトルなどは毎回手書きされています。これだけでも結構な作業だと思います。素晴らしい!

「パルともだより」バックナンバーは↓↓

http://palhomeservice.jp/paltomo/

10年近く継続されていることが素晴らしい

「パルともだより」は2008年10月に創刊され、2017年5月号が通算100号目だそうです。もうすぐ10年目を迎えるのですね。ニュースレターをここまで継続されていることは本当にすばらいいです。しかも月刊です。

僕がニュースレター作成の相談を受けた時に、いつも「発刊頻度はどれくらいにしたらいいですか?」とか「できれば2ヶ月に1回とかにしたい」って言われるんですが、「月刊にしてください」って即返しします。

ニュースレターの目的の一つとして、「見込客から忘れられないようにする」ということがあります。隔月とか季刊だと間があきすぎだと思うんですよね。なので、ニュースレターは「月刊が原則」です。

ともかく、「パルともだより」は「10年近く継続」されているという点が本当に素晴らしいと思います。

まとめ

不動産会社さんの参考になると思い、有限会社パルホームサービス様の生活情報紙「パルともだより」をご紹介させていただきました。

多分、こんな凝った内容のニュースレターを毎月作るなんてうちじゃ無理だよ〜って思われてる方が多いのではないでしょうか?

最初から「パルともだより」のようなニュースレターを作ろうと思わないでください。
内容は少しづつ改良していけばいいんです。

マーケティング的には未だにニュースレターが一番効果があるという方もいます。

まずは、気楽な気持ちでニュースレター発行を始めてみましょう。

ニュースレターの作成方法や活用方法については、「98%の不動産・建築会社が実践していない売上アップ実践メールセミナー(無料)」でもご紹介しています。きっとお役に立つと思いますので受講してみてください!

無料受講は↓↓↓
https://e-port.co.jp/post_lp/mailseminer


セールスが楽になる!DRM集客事例集

お客様から売ってほしいと言われるための仕組みを作り方は他にいませんか?ダイレクトレスポンスマーケティングを活用した集客事例集を無料プレゼント中!

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です