SEO対策ツールとブログ記事作成

SEO対策

SEO対策には良質なブログ記事だけでなく検索ロボットへの施策も必要

不動産業・建築業専門セールスコピーライターの
尾畠悠樹です。

Googleはこれまで検索エンジンの質を高めるため、内容の薄いコンテンツの順位を下げる「パンダアップデート」、質の悪いリンクページなどを使ったスパム対策に関する「ペンギンアップデート」、キーワードの背景や文脈を理解するための「ハミングバードアップデート」などのアップデートを行ってきました。

そういったGoogleの動きからSEO対策はテクニックではなくユーザーの問題を解決する良質なコンテンツさえあればいいと言われるようになってきています。

しかし、Googleをもってしてもまだまだ良質なコンテンツを定義できていないようです。

Googleもブログで以下のように認めています。

ページ上の単語(キーワード)は、現在も Google やユーザーがあなたのページを理解するうえで依然として重要です。Google のシステムは改善されましたが、まだあなたの思いを読み取ることまではできません。」
Googleウェブマスター向け公式ブログ

もちろん、良質なコンテンツ記事を投稿することは必須です。さらに、依然としてロボットへの対策も必要になるということです。

良いコンテンツ(ブログ記事)を書くには

「良質なコンテンツ」の定義は難しい問題です。少なくとも、検索者は何かしら疑問をもって検索しているはずです。したがって、知りたい情報に回答することは最低条件だと思います。

そのためには、検索者が疑問に思っていること知りたいことを把握することから始める必要があります。

「多くの検索者が疑問に思っていること」=「よく検索されているキーワード」

とすると、どのような言葉がメインのキーワードと一緒に検索されているかで検索者の意図がわかってきます。

例えば、「ブログ記事」と一緒に検索されているキーワードを「関連キーワード取得ツール」で調べると、

Googleサジェストキーワードを取得

Googleサジェストキーワードを取得

ブログ記事 テンプレート
ブログ記事 タイトル
ブログ記事 代行
ブログ記事一覧
ブログ記事 外注 相場
ブログ記事作成
ブログ記事 文字数
ブログ記事 ひな形
ブログ記事 アイキャッチ画像
ブログ記事 引用
ブログ記事 依頼
ブログ記事 書き方
ブログ記事 書けない
・・・

なんとなく「ブログ記事作成を外注するには」「ブログ記事を簡単に書きたい」というような意図を読み取ることができます。

良質なコンテンツを作るためには「ブログ記事を外注するには」「ブログ記事を簡単に書きたい」というテーマへの答えを記事にすると効果的だということです。

このようにGoogleサジェストキーワードを使って、ユーザが求めているテーマを探し出すことができます。通常、1記事1テーマですので、Googleサジェストキーワードを使うと必要なブログ記事をリストアップすることができます。

ブログ記事には何を書けばいいのか

Googleサジェストキーワードからブログ記事のテーマが決まると、次に考えないといけないことは記事の内容です。

記事の内容を考えるときにヒントになるのが「共起語」です。「共起語」とは主とするキーワードと一緒に使われやすい言葉です。(一緒に検索されるという意味ではなく、コンテンツの中で一緒に使用されるということです。)

「共起語」は「サクラサク」というツールで調べることができます。「サクラサク」で「ブログ記事」について調べてみると以下のような結果が出ました。

SEO対策ツール 共起語調査

SEO対策ツール 共起語調査

タイトル
文章
書き方
読者
構成
コンテンツ
見出し
意識
文字
目次
ネタ
テクニック
訪問
具体
イメージ
段落
部分
最初
アイキャッチ
アクセス
SEO
リサーチ
・・・

「サクラサク」で調べた共起語を関連するテーマのコンテンツの核とすることができます。

例えば、「ブログ記事を簡単に書きたい」というテーマに対しては、「タイトル」「構成」「目次」「ネタ」「テクニック」などに関連したことを具体的に書いていくといいことがわかってきます。

テーマと共起語とのつながりに関してはマインドマップなどを使って整理する方法がオススメです。

ブログ記事の内容を濃くするには

さらに、ユーザーのニーズに応えられる濃い内容のコンテンツを作成するためには、メインキーワードの「対義語」「類義語」「合成語」「分解語」などをヒントにすることができます。

weblio類語辞典」を使うと類語だけでなく対義語も調べることができます。

また、日本語シソーラス「連想類語辞典」を使うと「対義語」「類義語」「合成語」「分解語」「共起後」全てを調べることができるので便利です。

「ブログ」を連想類語辞典で調べてみました。

SEO対策ツール連想類語辞典

SEO対策ツール連想類語辞典

キーワードを詰めすぎていないか?

記事を書いた後に確認したいのが、「キーワードの出現率」です。
キーワードの出現率は「キーワード出現率チェック」で調べることができます。

今ご覧いただいているページを調べた結果は以下のようになります。

キーワード出現率

キーワード出現率チェック

WEBページでのキーワードの出現率は8%くらいが最適と言われています。当記事の場合、「ブログ」と「記事」を合わせて8.56%です。

メインのキーワードの出現率が高すぎる場合にはペナルティをもらうことがあります。ペナルティをもらわないように「weblio類語辞典」を活用して類語で置き換えましょう。

おかしな文章になっていないか?

最後に確認したいのがおかしな文章になっていないかということです。間違って記載しているとロボットも認識できないので注意が必要です。

文字校正ツールの「Enno」を使用すると「日本語のあからさまなエラー (タイポ、スペースのエラー、誤字脱字、変換ミス、入力後の編集ミス、文字化け) を自動でチェックしてくれます。

今回はツールを主体としてコンテンツの作り方を考えてみました。実際には、ツールで調べたこととユーザーや開発者へのリサーチした内容とを融合させるような形でコンテンツマップを作っていくことになります。  現状ではユーザーの問題を解決する良質なコンテンツを作るとともに、検索エンジンへの配慮も疎かにせずやらなくてはいけません。  弊社でも、ブログ記事作成の代行をしています。お試し記事作成(5記事1万円)を行っていますのでお気軽にお問い合わせください。お問い合わせはこちら

文章校正ツール「Enno」

まとめ

今回はツールを主体としてコンテンツの作り方を考えてみました。実際には、ツールで調べたこととユーザーや開発者へのリサーチした内容とを融合させるような形でコンテンツマップを作っていくことになります。

現状ではユーザーの問題を解決する良質なコンテンツを作るとともに、検索エンジンへの配慮も疎かにせずやらなくてはいけません。

弊社でも、ブログ記事作成の代行をしています。お試し記事作成(5記事1万円)を行っていますのでお気軽にお問い合わせください。お問い合わせはこちら

この記事は「最新のGoogle対策! これからのSEO Webライティング本格講座」を参考にしました。すごく為になりましたのでオススメします。


セールスが楽になる!DRM集客事例集

お客様から売ってほしいと言われるための仕組みを作り方は他にいませんか?ダイレクトレスポンスマーケティングを活用した集客事例集を無料プレゼント中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です