社員ブログ

パラリンピックを観て感じたこと

公開日:2021年9月5日

東京大会で初めて、パラリンピックをじっくり見ました。
車いす系の競技がこんなに面白いなんて知りませんでした。

車いすバスケット、車いすラグビー、車いすテニスなど。

車いす特有の動きとスピード感に興奮します。こんなに格好いいスポーツだとは知りませんでした。
カミさんは車いすバスケットに夢中になり、鳥海選手の画像をスマホの待ち受けにしているほどです。
鳥海選手はとても魅力のある選手ですね。

車いすバスケットや車いすラグビーといったチームスポーツでは、障害の重い人、軽い人が混合でチームを作っていて、それぞれが大切な役割を担っており戦略面での面白さもあります。

東京大会が終わっても注目していきたいです。

パラリンピック選手の試合や選手のインタビューをみていて感じるのは、パラリンピアンの心のあり方の素晴らしさ・心の強さです。口にされるのは周りの人への感謝、パラ競技普及への想い。テレビへのインタビューだからそういうことを言っているわけではなく、心底そう思っていることが伝わって感動を誘います。

障害があることで苦労されたこと、悔しかったこと、私にはわからないような困難があるのだと思います。しかし、パラリンピアンからは、障害があったことに対しての不平不満ではなく、障害があることが天の恵みであったかのようなコメントを何度も耳にしました。

・現状を嘆くのではなく、今自分にできることを精一杯やる。
・常に感謝の心を持つ。
・コントロールできるのは、他人や環境ではなく自分の心。
・お互いに助け合い支えあうチームワークの重要性。

そんなことを感じさせていただきました。
この感動を私自身の成長及び会社経営にも生かしていきたいと思っています。

この記事を書いた人

尾畠悠樹
尾畠悠樹代表/上級ウェブ解析士/セールスライター
20代後半で「僕は社長になる!」と起業してしまうチャレンジ精神の持ち主。
糖質制限ダイエットにハマって半年で13キロの減量に成功。プロフィールページの写真を半年で2回も撮直し&差し替えすることになった。
社員ブログ一覧へ戻る

お問い合わせ

CONTACT

お問い合わせやお見積もりのご依頼は、フォームよりご連絡ください。
ビジネスに関するお悩みや、制作に関するお問い合わせなど、
ぜひ、お気軽にご相談ください。
面談にはZoomを利用し、全国各地からのお客様にご対応いたします。

お問い合わせフォーム