お役立ち情報

インターネット広告をやってみませんか?気軽に始められる「リスティング広告」とは

公開日:

リスティング広告とは、検索エンジンで、キーワード検索をしたときに、そのキーワードに関連した広告が表示されるインターネット広告です。
ユーザーが興味のあるキーワードの広告が表示されるので、コンバージョン率が高くなるのが特徴です。
少ない予算で始められて、反響もちゃんとあるので、インターネット広告が初めてという方にもおすすめです。
今回は、この「リスティング広告」について分かりやすくご説明します。

リスティング広告とは?

リスティング広告とは、「検索連動型広告」のことです。
ユーザーが検索したキーワードに関連した広告が、検索結果の画面の上や下に表示されます。

リスティング広告は、色々な呼び方があります。
例えばこんなものがあります。

  • キーワード広告
  • 検索連動広告
  • サーチワード広告
  • PPC広告

これらはどれも同じリスティング広告で、ユーザーに広告がクリックされると、広告費が発生します。

リスティング広告が掲載される広告媒体は、「検索エンジン」です。
具体的には、「Google」と「Yahoo!」です。

Google検索の検索エンジンシェアは、世界第一位。日本国内でも70%を占めています。
一方、Yahoo!検索の日本国内のシェアは25%ほどです。

初めてリスティング広告をするなら、Google広告一択

インターネット広告が初めて、リスティング広告が初めて、という方には、シェアが大きいGoogle広告から始めるのがお勧めです。

また、Google広告は、Yahoo!広告よりも広告出稿の細かい設定ができます。
たとえば、ユーザー属性です。
20代~30代だけにしぼりたいなど、特定の年齢の人だけターゲティングできたり、女性だけ、男性だけといったものです。
Yahoo!広告は、性別や年齢などに絞ることができません。

リスティング広告の費用

インターネット広告の費用は、分かりにくいというお声をよく聞きます。
今回は分かりやすく、単純に説明したいと思います。
下記の2つの仕組みによって金額が決まります。

1.クリック課金制

ユーザーが広告をクリックした場合にだけ、費用が発生します。
検索結果に広告が表示されただけでは、費用は発生しません。

1回クリックしたときにかかる費用のことを、「クリック単価」と呼びます。
それでは、その「クリック単価」はいくらなのでしょうか。
実は、それを自分で決めることができるのです。

2.クリック単価は、入札によるオークション制

広告主側が「このキーワードで検索されたときに、広告を表示したい。クリック単価は●●円まで払います」と、「入札」を行います。
そのキーワードで広告を出稿したい広告主がたくさんいた場合、オークションが行われます。そして、高い金額で入札した広告主の広告が表示されます。

リスティング広告のメリット・デメリット

リスティング広告のメリット

  1. 少額から始められる
  2. クリックされた回数分だけ費用が発生するので、無駄がない
  3. キーワードやターゲットの変更や調整が簡単にできる
  4. 広告配信中も、調整ができる

①少額から始められる

月1000円程度でもスタートできます。
予算があまりない、一度試してみたいという方も安心です。
しかし、出稿したい商品やサービスにライバルが多い場合、広告費が少額だと効果がなかなか出にくいこともあります。
イーポートでは、お客様が広告を出稿したい商品やサービスに必要な最低予算がどれくらいか、お見積もりを出させていただいています。

②クリックされた回数分だけ費用が発生するので、無駄がない

インターネット広告の料金は2種類あります。ひとつめは、広告が表示された回数によって課金されるもの、もうひとつは、広告がクリックされたときだけ課金されるものです。
広告費の上限を決あらかじめ決めておくことができるので、予算内で効率よく出稿することができます。

③キーワードやターゲットの変更や調整が簡単にできる

「特定のキーワードで検索をした人に広告を表示する」
「特定の地域の、特定の年齢層をターゲットにする」
など、広告を表示したい対象を細かく絞り込むことができます。
ユーザーの居住地、年齢層、性別、過去のウェブサイトの閲覧履歴などをもとに、商品やサービスに興味を持ってもらえそうなユーザーだけに広告配信できます。

④広告配信中も、調整ができる

広告配信中は、管理画面から成果をリアルタイムで確認することができます。
思うように効果が出ない場合は、一時停止して改善してから再開したり、キーワードをこまめに変更したりして微調整を繰り返して、広告効果が一番高いキーワードを探ることができます。

リスティング広告のデメリット

  1. 運用に知識が必要
  2. ライバルが多い場合、コストがかかることがある
  3. 文字広告であるため、視覚に訴える広告はできない

①運用に知識が必要

インターネット広告は、出稿の手続きは簡単にできるのですが、「運用」つまり、効果が上がるように微調整をする場合に、知識が必要です。
ユーザーの心理や動きを予測したり、キーワード選定の際に、過去の経験がモノを言う場合があります。
イーポートでは、広告業界で長く経験を積んだスタッフが在籍しています。お客様の商品やサービスについてヒアリングをした上で、広告出稿のベストプランをご提案させていただきます。

②ライバルが多い場合、コストがかかることがある

ライバルの多いもの、または大手ブランドが独占状態になっているような業種やサービスは、競走が激しいためクリック単価が高くなり、その結果広告費が高くなる傾向があります。

③文字広告であるため、視覚に訴える広告はできない

リスティング広告はテキストで構成されるため、「バナー広告」のような画像がありません。写真で商品を見せたり、ビジュアルでイメージ戦略をすることができません。

リスティング広告が合っているケースと、合っていないケースとは

ここまでリスティング広告の特徴をご説明をしてきましたが、この特徴をもとに、リスティング広告が効果が出るケースと、そうでないケースをご紹介したいと思います。
広告出稿するか否かの判断基準にしていただければと思います。

リスティング広告が合っているケース

「ここに困っている」「これが欲しい」といった、ユーザーの具体的なニーズに答えているサービスや商品

ユーザーが普段感じている問題や悩みを解決するようなサービスや商品は、効果が出やすいです。
解決したい問題や質問事項をユーザーが検索エンジンで検索するときに、その答え、解決策とともにそのサービスや商品を広告として表示させることができるからです。

Googleをよく利用する世代をターゲットにしている

リスティング広告は、Google検索を利用したときに表示するものですので、Googleを利用する世代がターゲットであることが必須条件となります。

ライバル企業もリスティング広告を利用している

リスティング広告を出稿するかどうかを判断するときに参考基準となるのは、ライバル他社がリスティング広告を出稿しているかどうかです。
ライバル他社は、効果があるから出稿している可能性があるからです。

リスティング広告が合っていないケース

大衆の一般的なニーズとは違う、今まで世の中にない全く新しいサービス

今まで世の中になかった新しいサービスは、検索エンジンで検索されることがありません。
こういった場合は、検索履歴に影響されないSNS広告がおすすめです。

文字だけで表現しきれず、画像が必要なサービスや商品

色や形などが特徴的なものや、ビジュアルでブランディングしたいサービスや商品は、画像を使った広告がふさわしいく、リスティング広告には不向きと言えます。

広告出稿に関するご相談を承っています

イーポートでは、インターネット広告の専門チームがあり、効果のある広告出稿の研究も行っています。
インターネット広告に関するご相談やご質問はお気軽にお送りください。
「初歩的な質問をしてもいいのでしょうか」「インターネットに詳しくないのですが」といったお話をよく聞きますが、どうぞご遠慮なくなんでもお聞きください。
お待ちしております。

この記事を書いた人

ウエハラ ウエンズディ
ウエハラ ウエンズディウェブデザイナー /ライター/ウェブ解析士
ウェブサイト制作も営業もディレクションもライティングも、何でも絡んでみたくなるオタク気質。
最近、オハタ氏に「趣味も持ってくださいね」と言われて、ふてくされている。
お役立ち情報一覧へ戻る

カテゴリー

関連記事

お問い合わせ

CONTACT

お問い合わせやお見積もりのご依頼は、フォームよりご連絡ください。
ビジネスに関するお悩みや、制作に関するお問い合わせなど、
ぜひ、お気軽にご相談ください。
面談にはZoomを利用し、全国各地からのお客様にご対応いたします。

お問い合わせフォーム